ハッピープレゼン

プレゼンについて本気出して考えてみた。

言いたいことは全部書き出してしまう

プレゼンの内容や構成を考えるときは、
自分が言及しようと思っているすべてのことを
いったん紙に書き出してしまうのがいいと思います。

コツは、とにかく全部書き出すこと。全部。
どんな小さな情報も、分析も、ちょっとしたジョークすらも。
これは言わなくても良いかもしれない、ということも含めて。
書き出したこと以外は何も話さない、
そんな覚悟で全部書き出してしまいます。

もうひとつのコツは、
書き出す内容はできるだけ小さな単位に分割して、
単一の構成要素として扱いやすくすること。
例えば3つポイントがあったとして、
見出しを付けて箇条書きのひとまとまりにせず、
1つずつ3つに分けて書き出す。
長い文は内容で分割する。単語レベルにしてもOK。

全部書き出してしまったら、頭は少しはスッキリしたはず。
あとはリラックスして、目の前に書かれた要素だけを見て、
グルーピングしたり、並び替えたり、優先順位をつけていく。

僕は紙に手で書き出していくのが好きなやり方ですが、
ポストイットに書き出して貼っていくのもいいし、
マインドマップを使ったりしてもいいし、
タスク管理アプリを使うのもいいかもしれません。
自分が楽にやれる方法でやるのがいちばんです。

プレゼンするのが難しいことの多くは、
言葉にしにくい概念であることが多い気がします。
明快に表現できないから、
もやもやと頭の中にいつまでも残るのではないかと。
そして、もやもやの状態では他人は理解できません。

言葉にして書き出してしまえれば、一歩前進。
そう思って、とにかく言葉にして目の前に並べる。
ことを頑張ると、その後がずいぶん楽になりますよ。

Posted: 2011.08.02 | 固定リンク