ハッピープレゼン

プレゼンについて本気出して考えてみた。

セッションタイトルで
勝負の半分が決まる

一定以上の規模の学会や研究会になると、
複数の教室を使ってセッションを同時並行で行なう、
ということがよくあります。

複数のセッションが同時間帯に行われるのですから、
参加者はどれを聞くのか選ばなければなりません。
そんな場合の判断基準として大きいのが、
セッションタイトルの情報でしょう。
予稿集などを渡されている場合もありますが、
その場でじっくり予稿を読むのは大変ですしね。

ということは、セッションのタイトルによって、
観客の数が大きく左右されるということです。
話を聞いてほしい層をプレゼンの場に呼び寄せるには、
その人たちが興味を示す、関係あると思わせるような
適切なセッションタイトルをつける必要があります。

僕は毎年「PCカンファレンス」という
年に1回の研究大会でプレゼンしていますが、
他の学会に比べると雰囲気がやわらかい場所なので、
一風変わったタイトルでプレゼンしています。

専門分野を問わず気軽にいろんな人に聞いてもらいたい、
そんな狙いで付けたタイトルたちです。
思惑通りいろんな人たちが聞きに来てくれたのですが、
マジメな先生には敬遠されてしまったところもあって、
さじ加減が難しいなぁと実感しています。
タイトルは軽いですが中身は本質的であろうとしているので
中身そのものは割と評価してもらえるはず、と思うのですが、
聞いてもらえなければ始まりませんよね。

聞いてもらえることを当たり前と思ってはいけません。
プログラムにひしめくセッションタイトルから、
すでにプレゼンは始まっているのです。

Posted: 2011.09.29 | 固定リンク